ボカロの歌を上手く歌う方法

最近は若い世代を中心にボカロの曲が流行っていますよね。

先日見たテレビでは、カラオケでボカロばかり歌う若者たちが増えていると特集されていました。

今回は、そんなボカロの歌を上手く歌う方法を解説していきます。

スポンサーリンク

ボカロとは

まず、ボカロ初心者の方のためにどんな物なのかボカロの基本を簡単に解説します。

ボカロとはボーカロイドの略で、音符と歌詞を入力することによって歌声を編み出すことのできるソフトウェアのことを指します。

それを作る過程には、実際の人の歌声も必要となり、声優さん等が参加しておりますね。

また、それによって作られたキャラクターや作品名を総じて指すこともあります。

有名なところで、初音ミク、鏡音リン・レン、巡音ルカが挙げられます。

その独特な電子的な機械音の繰り出す世界は、ちょっとした中毒性があり、聞く者をそのバーチャルな世界へと引き込んでいきます。

今では音楽の一ジャンルとして位置づけられていると言っても過言ではないでしょう。

カラオケでボカロの曲を上手く歌うコツ

ボカロの曲は、テンポも速く、キーが高い曲が多いのが特徴です。

普通の曲よりは難易度高めと言ってもいいでしょう。

でもコツさえつかめば上手に歌えますので、臆することはありません。

では早速、ボカロ初心者でも上手く歌うコツを紹介していきます。

コツは大きく分けて4つ。

icon-check-circle早口な曲は控える

icon-check-circle音程の高い曲は控える

icon-check-circle音域の広くない曲を選ぶ

icon-check-circleテンポの速すぎない曲を選ぶ

つまり「曲選びが一番重要」ということです。

以下、有名な曲で歌いやすい順ですので、上から順にチャレンジしてみて下さい。

千本桜

トリノコシティ

深海少女

えれくとりっく・えんじぇぅ

メルト

マトリョシカ

カゲロウデイズ

炉心融解

脳漿炸裂ガール

鏡音レンの暴走

初音ミクの消失

 

テンポの速い曲を上手く歌うには

最初からテンポの速い曲はNGです。

少しずつテンポの速い曲へ切り替えていきましょう。

あの早口言葉のような言い回しを、滑舌よく歌えるようになることが最終目標です。

滑舌を良くするためには、舌の筋肉を鍛えるのが効果的。

【滑舌を良くするトレーニング】

  1. 口を閉じる
  2. 舌を下唇と下歯茎の間に入れる
  3. 舌を右端から左端にゆっくりと移動させる
  4. 左端までいったら右端に戻り3往復する
  5. 上唇と上歯茎の間に移動し同じように3往復

 

上記のトレーニングで滑舌を良くし、ハイレベルになると、「鏡音レンの暴走」や、「初音ミクの消失」を歌いこなせるようになります。

また、テンポの速い曲を歌いこなすには「歌詞を覚えていること」が絶対条件です。

うろ覚えではついていけませんので、しっかり覚えてから練習しましょうね。

スポンサーリンク

高音の曲を上手く歌うには

高音で音域の広い曲が多いのもボカロの特徴です。

うまく高音を出し、音域を広げていく為には、腹式呼吸を意識しながら強めに声を出します。

その時、口を細長く開くと声が出やすいです。

これをクリアすると、「メルト」や「マトリョシカ」、「カゲロウデイズ」等の曲が歌えるようになってきます。

ハイレベルになると、「炉心融解」や、「脳漿炸裂ガール」等の曲を歌えるようになります。

無料アプリで練習しよう!

簡単にスマホで練習できる、ボカロのカラオケの無料アプリがあります。

これを使って日々練習に励んでください。

ボカロ アプリ

教材

教材

マジックボイス 教材

高音 教材

カラオケ上達 教材

Pocket
LINEで送る

3 Responses to “ボカロの歌を上手く歌う方法”

  1. 氷室雪菜 より:

    チャレンジしてみたいと思います!普通に鼻歌を歌っていた時に
    友達にちょっとだけ音程がずれていると言われてとてもショックだったので検索してみました。悲しかったです…

    • 犬猫 より:

      まったくおなじことで、来ました

  2. ハニエル より:

    以下同文

ハニエル にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ